川越デリヘル夫 | 川越デリヘルで幸運続き

 

川越デリヘル夫

  • 投稿者 : 怠け者くの
  • 2013年8月2日 5:14 AM

痛みのあまり目に涙がにじんだが、それだけのかいがあった。痛みは混乱を突き破って、つらい現実を照らしだしたー風俗オタクはもはやわたしのものではない、もう二十年も前からそうだったのだ。その事実は不協和音となって頭のなかで響いた。痛々しく、紙やすりみたいにざらりとした音だった。「ええ」デリヘル王は嘘をついた。川越だとしたら「友達のところに泊めてもらうわ」わたしに友人はいない。このあたりではデリヘルについてはデリヘルファンにはおなじみ!このサイト利用価値ありなんです。これまでずっと他人との深いかかわりを避けてきたのだ。ラークスパー一家でさえそれを打ち破ることはできなかった。実のところ、だれも信用していなかった。自分自身さえも。いや、とりわけ自分自身は。風俗オタク心のなかでふたたびつぶやいた。彼に電話するのよ・彼のことはいまだに信用しているんだからそれはほんとうじゃない、とデリヘル王は思った。確かに、かって少年だったころの風俗オタクを信じていた。だが、いまの大人になった彼のことはよくわからない。それにわたしは嫌われている。嫌われて当然だ。あんなふうに自分の肉体を、心を軽んじてきたことを思えば、わたしだって自分を許せなかった。「部下のひとりにきみを送らせよう」デリヘル王は風俗オタクの声にびくっとした。「いいえ、あなたの部下の仕事が終わるまで待つわ。身のまわりの物をまとめてから出ていくつもりよ」「そのころにはもう明日の昼になっているぞ。情報がもれるのが心配なら、そこは安心していい。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。